少年野球

COACH

卒団式でスピーチをするお父さんコーチへ。時事ネタ挨拶で子供たちの歴史を振り返ろう!

少年野球最大のイベント『卒団式』。先日、ある方からこんな質問を受けました。どんなスピーチされました?今までに面白かった挨拶って何かありました?卒団式での挨拶・スピーチを簡潔かつ面白く仕上げるネタ作り方法を一つ教えます。
COACH

少年野球 お父さんコーチは勝てない事を悩まないで野球をシンプルに楽しもう

勝つことにこしたことはないですが、勝つことがすべてではないことをあなたには理解して欲しいです。子供たちは野球をするためにチームへ入団しました。わかりますか?勝つためではないのです。好きな野球が「大好き」になる様にあなたが導くのです。平等にチャンスを与え、野球の素晴らしさをたくさんの子供に伝えてあげて下さい。あなたにはそれができる権利があります。なぜならチームになくてはならないお父さんコーチだからです。
COACH

少年野球 チーム選びはテーマパークに行くことと同じ感覚で楽しもう

少年野球のチーム選びはディズニーランドに行くことと同じ感覚で楽しんで下さい。少年野球とディズニーランドは同じ楽しさがあります。ひょっとすると少年野球の方が、ディズニーランドをはるかに超える楽しさが待っているかもしれません。少年野球もディズニーランドも同じくらいの感動を与えてくれます。ひょっとすると少年野球の方が、喜怒哀楽を心から表現できる場所を与えてくれるかもしれません。決定的な違いをお伝えします。それはディズニーランドはいつでも行けますが、少年野球は戻ってきません。お子さんに最適なチームを早く見つけてあげて下さいね。
COACH

少年野球 ~卒団式~ 下級生お父さんコーチは卒団していくお父さんコーチの「挨拶・スピーチ」を心で聞くべし

今回は、卒団生と一緒に卒団するお父さんコーチの挨拶やスピーチに隠されている、あなたにとって有益な情報ポイントをお伝えします。君が試合に出れなかったのは私のせい。だから野球を嫌いにならないで。という心残り。卒団式を迎える今日まで、たくさんの想い出を育て、あなたのあと受け継ぐお父さんコーチに、あなたの新鮮な想い出を伝えて下さい。。
COACH

少年野球 ~卒団式~ この2つのワードだけは避けて欲しいと願う。参加者がドン引きした卒団式の事例

試合に出たくても出られない「仲間がいる」こと。まだ少年野球は勝利至上主義。公式戦で勝てば勝つほど対戦相手が強敵になり、一部の仲間は出場するチャンスがどんどん減ります。卒団式では過去の栄光より、未来をともにする仲間を中心に挨拶・スピーチしてもらいたい。 なかなか出場機会に恵まれない「仲間がいる」ことを理解すれば、主語が「自分の息子や、自分」にはならないはずです。
COACH

お父さんコーチが試合直前にかける言葉。子供たちに悔いを残さない為にもこれを活用しよう

ホームランの旅(ラン旅) 運営者のにしやんです。 当ブログは野球少年少女を持つお父さんコーチの悩みを解決します。 2月に入り、対外試合が解禁となりました。 今回は、「最後の大会に向けて悔いを残さない為に」とお父さんコーチから相ReadMore
COACH

お父さんコーチが硬式を勧める時にこれだけは言っておきたい事。子供たちの野球に対する魂が宿ります

軟式でも硬式でも、野球のルールは一緒なので、正直どちらでプレーしても変わらないのですが、あえて硬式ボールの良さをお伝えします。ボールを縫えば縫うほど、大切さと有難さがわかり、愛情が沸き、魂が宿ります。あなたが我が子や、教え子に硬式クラブチームを勧めるのであれば、ぜひ同時に「ボールの大切さ」「大切にする方法」を教えてあげて下さい。
COACH

涙涙の卒団式を迎える少年野球のお父さんコーチ。ロールプレイングゲーム形式の挨拶で子供たちへ愛をとどけろ!

あなたは少年野球最大のイベント『卒団式』を初めて迎えることとなりましたが、何を話して良いのか知ってますか?
COACH

初めて卒団式を迎える少年野球のお父さんコーチ。お子さんへ贈る言葉は「感謝」の一言で十分。

少年野球最大イベント『卒団式』を迎えるお父さんコーチからこんな質問が届きました。最後に我が子へ何を伝えれば良いの?卒団式当日、あなたが「お子さん(我が子)」へ「心に残る贈る言葉」を届けられる様に記事にしました。結論「〇〇」のみでじゅうぶんですよ。
COACH

「心に刺さる指導がしたい!でもできない!」と悩むお父さんコーチ。子供の心をフルオープンにする方法を教えます。

そこそこ野球をしていたのに、「どうも子供たちへ『心に刺さる指導』ができない。」と悩むお父さんコーチ。 この記事は、心に刺さる指導ができる為の「行動の極意」が書かれてます。「極意」を知りたいお父さんコーチは、最後まで読んでみて下さい。