少年野球 子供たちとの信頼関係構築を後回しにしてませんか?

COACH

はい!こんにちは
ホームランの旅(ラン旅)
運営者のにしやんです。

当ブログは野球少年少女の指導にあたる監督やお父さんコーチの悩みを、一緒に寄り添いながら解決する記事を提供しています。

今回は、
子供たちとの信頼構築方法」についてお話します。

 

指導者として大切なことは、

・野球技術能力
・戦術の施策
・練習方法やツール・テクニック

などいろいろありますが、、、

順序をつけるとしたら何が一番大切だと思いますか?

少し考えてみて下さい。

 

にしやんはこんな人

 

いろいろ思いつくことはあると思います。

私の答えは、

子供たちとの関係性

これが抜きんでて、ダントツで私が一番大切にしていることです。

どんなに誇らし野球実績や、すばらしい成績を叩き出せる戦術があったとしても、

それ以上に大切なのが、
子供たちとの関係性なのです。

納得できる人、できない人 いるでしょう。
私の経験上、はっきりと断言できます。

 

当たり前ですが、野球指導者は子供たちがいなければ、必要性がありません。

あなたにどんな素晴らしい経験やスキルがあったとしても、子供たちから受け入れてもらわなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

言ってしまえば、スキルは高いが、子供たちがあなたを必要としない。

野球技術や知識のコレクターで終わってしまうのです。

子供たちと対等な関係 人と人

当たり前ですが、そもそも野球は「人」がするスポーツ。

そう「子供たちの集合体」なのです。

子供たちとの人間関係が良くなければ、あなたは信頼すらしてもらえません。

信頼してもらえないと言うことは、チームに必要がない。

そして、野球を教えることができない。

結果、宝の持ち腐れで終わってしまう。

逆に、子供たちからの信頼が厚ければ、どんどん色々なチームから声がかかり、それと比例してあなたの技術・スキルを子供たちへ広めることができるのです。

子供たちから少しだけ信頼してもらった私は、経験をもとにブログを運営することによって、少しばかりの収入を得ることまで出来ています。

私に野球を教えてくれた子供たちへ感謝しかありません。

悔しい経験

そんな私もお父さんコーチ1年目。

忘れもしない苦しい指導者生活のはじまり。

子供たち、父兄、監督・その他コーチから総スカンの悔しい思いを経験しました。

と言うのは、「甲子園出場高校在籍=技術・スキルの高い指導者」ではなかったからです。

 

結論、どんな人が最高の指導者?
と言うと私は迷わずこう答えます。

「子供たちの気持ちを理解できる人」

 

子供たちにおべっか使うわけでも、必要以上にへりくだるわけでもありません。

とにかく子供たちと仲良くやれる人

です。

これが「ひっぱりだこ指導者」と言われる秘訣です。

めっちゃ下手くそ

私は子供との協調性を育むのがどぉ~も苦手で、、、

「俺についてこい!」「俺が勝たせてやる!」を地でいくオレがオレがタイプ。

チーム関係者、保護者からの言いなりにはなりたくなかった。

言いたい事をハッキリ言っちゃうタイプだったので、モぉ~めちゃくちゃ嫌われていましたね(笑

それでは、子供たちや関係者はついてきませんよね。

当たり前です。

ついでに、成績までガっタガタ。

めっちゃ最悪で、屈辱的な1年間でした。

はい

めっちゃ下手くそだったんです。
人間関係構築が…

子供たちとの信頼関係構築に全力投球!

結局これが一番大切なことだと気が付いたのはここ最近。

これさえ出来れば精神的にかなり楽。
成績もついてきます。

成績が出れば、子供たちとの信頼も生まれ、良い方へと好転していくのです。

チームも保護者もあなたを重宝し、発言力も生まれてきます。

 

ただ、、、

 

じゃ勝つ為には何すればよいの?

と疑問に思いますよね。

それはコチラで解説するとして、

 

まずは、「子供たちとの信頼関係構築」が一番大切なんですよ。

これを頭にブチ込んで下さいね。

とお伝えしたかったです。

 

質問や感想を頂けると励みになります。
こちらからご連絡下さい。